【FF7R】スクショで楽しむ”ファイナルファンタジーⅦリメイク”の美しい世界とグラフィック

2020/04/19PlayStation

FF7R ミッドガル

ファイナルファンタジー Ⅶ リメイク(FF7R)が発売されて3日目。FF7Rは分作となり、"ミッドガル脱出" までが描かれるわけですが、本当にボリュームがすごくてですね。

ミニゲームなんかの要素もしっかり用意されていますし、ストーリーの作り込みやゲームシステム、キャラクターごとのストーリーについてもより深く掘り下げられているので、もうずっとテンション上がりっぱなしなのです。

で、ですね。FF7Rは “グラフィック" も本当にすごくて、チャプターが進むたびに立ち止まって眺めてみたくなるんですよね。とにもかくにも、画像多めでご紹介していこうと思うので、"都市・ミッドガル"の問題もありつつ、美しい世界は必見ですよ。

(スクエニさん、『フォトモード』全力でお願いします……。)

Final Fantasy Ⅶ Remakeを見る – Amazon

Final Fantasy Ⅶ Remakeを見る – 楽天

美麗グラフィックで描かれるFF7Rの世界をスクショでどうぞ

七番街スラム 上空

ここからは、簡単な説明を交えつつ、ひたすら淡々とスクショをご紹介していこうと思うので、じっくりゆっくり眺めていってもらえればと思います。

まずは、七番街スラムの上空。本家FF7では見ることが出来なかった上空の景観が良き。機械の疑似太陽がいくつも稼働しています。

七番街スラムへの入り口。大きなプレートの下層に位置する七番街スラムでは、植物などは見られませんが……七番街スラムの人々は自警団を立てて街を守ったり、強く生きています。

ティファが切り盛りする酒場で、反森羅組織"アバランチ"のアジトも兼ねる「セブンスハート」。背景に移るミッドガル中心部の明かりが星みたい。

次に、八番街の噴水広場から続く街灯が美しい街並み。閉鎖的な空間だった七番街スラムとは対照的に、綺麗で整った街並みですよね。

八番街でエアリスからもらえる花(花言葉は"再会")。めちゃリアルですよね。

これ、豆知識なんですけど、八番街にはあの"ラブレス(ジェネシスが好きなアレ)"が上映されている劇場があります。

七番街 社宅地区から見ることができるミッドガル中心部の森羅カンパニー本社ビル。(森羅兵募集中。)この七番街にはジェシーの両親が住んでいまして……

ジェシーの家では、ジェシーの写真が飾られています。

四番街の駅。

伍番魔晄炉から見える森羅カンパニー本社ビル。

整備を終え、伍番魔晄炉の決戦場へ運ばれる対巨大モンスター用の兵器「エアバスター」。どこかシュール。

エアリスと再会することになる伍番街スラム 教会。土地が痩せてしまった下層のプレートに位置しながら、"花が育つ" というミッドガルでも珍しい場所。

伍番街スラムの教会の景観。伍番魔晄炉からクラウドが落ちてきた穴が結構目立ちますが、ほんと、しっかり作り込まれてますよね。

孤児たちが暮らす伍番街スラムの「リーフハウス」。(リーフハウスには、クラウドと全く同じをする変わった子供がいるので……気になる人はぜひお試しあれ。)

伍番街スラムにあるエアリスの家。植物が生い茂り、滝が流れる池には魚の姿も。ミッドガルでは本当に珍しい場所。

ミッドガル屈指の華やかな街、六番街 ウォールマーケット。ひらがなや漢字の看板が良い味出してます。

列車墓場で漂う魂。明りの差し込む感じが素敵。

おそらく、FF7Rで最も “景観のコントラスト" が激しいシーン。

FF7Rは、森羅カンパニー本社ビル以降、美しい映像や胸アツの展開が続くので、まだプレイしてない……という人はぜひ。

クラウドやティファなど、キャラの表情も最高に美しい

汗の感じ、すごくない?

ここからは、美しいグラフィックで再現されたクラウドやティファ、バレットたちのベストスクショ。ぱぱっとご紹介していきますね。

ティファの酒場兼アバランチのアジト “セブンスハート" 。ティファとクラウドの絶妙な距離感。

バレットと娘マリンの仲睦まじい瞬間。ムービーシーンはスクショで綺麗に撮影できるので、ついつい撮影してしまうんですよね。

父ちゃんなバレットの表情が素敵。

クラウドにくっつくジェシー。それを嫌がるクラウド。

クラウドに助けてもらって電車から飛び降りるティファ。まんざらでもないクラウド。

「ピンチの時に助ける」と約束していた、幼き日のクラウドとティファ。

マダム・マムが用意した衣装に不満そうなエアリス。(なんでも屋クエストやらなかった僕のせいだけども……)

六番街ウォールマーケットのボケ感が良い感じ。

ルード。

レノ。

ツォン。タークスメンバーの3人もほんとに綺麗なグラフィックで再現されていまして。やっぱり、グラフィックの進化ってすごいんだぞ、と。

仲良さげなエアリスとティファ。FF7Rではこういうシーンも多くて、ほっこりなのです。

バレットとレッドⅩⅢ。レッドのCVが山口勝平さん(ウソップの人)だったので……つまり、そういうことですね。続編の展開が楽しみで楽しみで仕方ありません。

ルーファウス森羅も鬼イケメン。

FF7R セフィロス

そして、我らがセフィロスさん。綺麗なグラフィックのセフィロスさんは、ただただかっこよくて、美しいのですが、なぜセフィロスが生きていたのか、なぜ森羅カンパニーに現れたのかは、FF7Rの続編で明らかになりますよ。

スクエニさん、フォトモードの追加お願いします

いかがでしたでしょうか、FF7Rの美しいグラフィックがしっかり伝わったかと思います。ただ、気になることが1つありまして。フォトモードが用意されてないんですよね。

L2ボタンでミニマップを隠すことができるので、綺麗なショットを撮影することはできるんですけど、好きな画角や焦点距離でスクショを撮影することはできないのです。

FF7R ケットシー
一瞬だけ登場するケットシー。

別になくてもゲームプレイには一切支障はありません。でも、グラフィックが素晴らしいからこそ勿体なくて、勿体なくて……。スクエニさん、「フォトモードの追加」全力でお願いします。切望します。

Final Fantasy Ⅶ Remakeを見る – Amazon

Final Fantasy Ⅶ Remakeを見る – 楽天

PlayStation

Posted by gg