iPhoneの容量は64GBで足りる?長く使う方法を解説

iPhone XS XS Max

注目の新型iPhoneであるiPhone XS/XS Max、そしてiPhone XRですが、用意されている容量は64GB,256GB,512GBとなっており、どれくらいの容量がいいのか悩んでいる人も多いと思います。

価格をを抑えたいから64GBを選ぶってケースも結構あると思いますが「本当に64GBでも大丈夫か?」と不安になる人もいるかもしれません。今回は、iPhoneを64GBで長く使っていく方法をご紹介していきます。

結論を先に言ってしまうと、iPhone XS/XS Max/XRともに、少しだけ使い方を考えれば64GBでも全然足ります。64GBは価格と実用面でもかなりおすすめできる容量だと思うので、iPhoneの購入・買い替えを検討してる・・・という人はぜひ参考に!

iPhoneの64GBで保存できる容量

iPhoneの容量で64GBを選ぶ場合、写真や動画、音楽やアプリをどのくらい保存できるのか?について、少しだけ理解しておいたほうがいいかもなので、簡単に解説しておきます。

例えば、1200万画素の写真(1枚=3.8MB)で考えた場合、64GBだと写真を約15,000枚くらい保存できると思っておいてOK。

写真や動画、アプリなど、64GBのiPhoneで保存できるデータ容量について簡単な表を作ったので、データ別にiPhoneでどれくらいの容量を使うのか見ておきましょう!

64GBのiPhoneで保存できる容量(目安)

64GBで保存できる容量
写真(1,200万画素)1枚(3.8MB)=約15,000枚
動画(フルHD)約600分
4k動画約78分
音楽(1曲/8MB)約8,000曲
映画(2時間/1GB)約64本

こうやって見ると、64GBでもいっぱい保存できんじゃん!ってなりがちですが、写真や動画、アプリ、音楽など、全部合わせた限界が64GBとなるので要注意。だいたいの目安になりますが、iPhoneの64GBで保存できる容量はざっとこんな感じです。

iPhone システム 容量

また、iOSなどシステムで利用される容量(その他の容量)を考えると、実際にiPhoneで使える容量は64GBより少ないということも覚えておきましょう。

システム領域は使う人により微妙な差があるかもですが、最大で10GB程度になることもあるため、覚えておくといいかもですね。

少ない容量のデメリット

256GB512GBは特に気にしなくても容量不足に陥ることは少ないですが、写真や動画、音楽、アプリやゲームなど、コンテンツが大容量化しつつある今、64GBという容量はそれなりに気を遣う必要があります。

64GBはiPhoneの価格を抑えられて、容量を無駄にしないというメリットがありますが、容量を管理する必要があるというのが、唯一のデメリットかもしれません。

写真や動画は後述のクラウドストレージを活用すれば解決できますが、iPhone内に音楽やアプリ、ゲームをたくさん保存したいなら256GB以上の容量がおすすめです。

iPhoneの64GBで容量が大きくなるのは写真と動画

iOS11のフォーマット設定

iPhone XS/XS Max/XRで64GBを選んだ場合、溜まった写真や動画が容量を圧迫しがちなので、iOS11から選べるようになったファイルフォーマットを「高効率」に設定しておくのも1つの方法です。

ただし、Googleフォトを利用して写真/ビデオを管理する場合は、高効率ではなく互換性優先にしておきましょう。※Googleフォトで高効率フォーマット(HEIF/HEVC)は読み込めますが、Googleドライブなどの対応していないアプリでは表示できません。

設定は『設定>カメラ>フォーマット』から。

iPhoneの足りない容量はGoogleフォトで管理して補う

Google Photo

iPhoneを64GBで使い続ける場合、忘れてはならないのがGoogleフォトを活用した写真・動画管理。Googleフォトを使えば、iPhone内の写真・動画はすべてクラウドストレージで管理できるので、写真・動画で容量が足りない・・・と気にすることがなくなる。

Googleフォトでは、1600万画素までの写真1080pまでの動画容量無制限で保存可能です。

1600万画素以内の写真であっても圧縮は自動でされてしまいますが、見て分かるような劣化はほぼありません。多少の圧縮が許容できるなら、iPhoneはほぼデメリット無しでGoogleフォトを使うことができます。

iPhoneのGoogleフォトを活用した写真・動画管理については、僕のブログでも紹介しているので要チェック!Googleフォトを活用すれば64GBのiPhoneでも容量がガラ空きになります。

iPhoneの写真と動画はGoogleフォトを使って管理・整理しよう(iyusuke)

音楽はストリーミングサービスを活用して容量を節約

Apple Music

iPhoneを64GBで長く使っていく場合、音楽はApple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスを使うことで本体の容量を大きく節約できます。

ほとんどのストリーミングサービスでは、曲/アルバムを本体に保存して外でも聞けるようになる「オフライン再生」が可能ですが、64GBでは自分が良く聞く音楽だけをダウンロードしておきましょう。

基本的に、ダウンロードした音楽以外はWi-Fi環境のみで視聴することになりますが、64GBという限られた容量を圧迫することなく、たくさんの音楽が聴けるストリーミングサービスは音楽好きには必須。

Apple MusicLine MusicSpotifyなど、音楽ストリーミングサービスはたくさんあるので、自分にあったものを選べばOKです。(iPhoneユーザーなら、歌詞表示も可能なApple Music(月/980円)が無難でおすすめ)

逆に、iPhoneに音楽は全部保存しておきたい!という人は、64GBだと全然足りないので256GB/512GBを選んでおきましょう。

Apple Musicをチェック

64GBのiPhoneはアプリを管理して容量を節約

iPhone ストレージ 確認

64GBでiPhoneを使い続けるにはアプリやゲームの取捨選択も必要です。

いっぱいアプリが入ってると管理するのも面倒ですが、これはiOS11から追加された「非使用のAppを取り除く」を活用すればOK。

使用していないアプリを自動で取り除いてくれるので、足りなくなった容量を簡単に確保することが出来ます。

参考までに、僕はiPhone 7では128GBを使用していましたが、アプリや写真、動画を管理するようになってから、平均40GB〜50GBあたりをウロウロ。アプリやゲーム、音楽、映画を気にせずiPhoneに保存していた時は、100GB程度の容量を使ってました。

現在はiPhone X(64GB)を使っており、写真や動画、音楽やアプリを管理しつつ、30GB前後で安定してます。※あくまでも僕のiPhoneの場合です。iPhoneで使用する容量は使う人しだいで大きく変わるため、あくまでも参考程度に。

まとめ!64GBのiPhoneでも管理すれば足りることが多い

iPhone X

iPhone XS/XS Max/XRには64GB、256GB、512GBの容量がラインナップされますが、使い方次第で64GBでも十分使い続けていくことが可能です。

よく、iPhoneを電話くらいにしか使わない人には64GBがおすすめというのを見かけますが、そもそも、電話程度でしか使わないなら最新のiPhoneなんて必要ないし、容量で悩む必要もない。

この記事を見ているということは、iPhoneをよく使うから64GBでも大丈夫か気になってるという人のはずです。

256GBと比べると写真や動画、アプリ、音楽などの管理は必要になってきますが、月々のコストを抑えたい場合自分でiPhoneの容量を管理できるよという人は64GBを選んでもきっと後悔はしないはず。

データを頻繁に管理するのが面倒という人は256GBを選んだ方が絶対後悔しないし、楽しく長くiPhoneを使えると思います。

自分のiPhoneで使用している容量は『設定>一般>iPhoneストレージ』で確認できるので、どれくらい必要ないアプリが入ってるのか写真や動画はどれくらい入ってるか、一番はじめにチェックしてみましょう!

Source:Apple