iPhone XはTrueDepthカメラで人間をこんな風に見ている

iPhone/iPad

iPhone X TrueDepth Camera

TrueDepthカメラによって顔認証が可能になったiPhone Xですが、iPhone Xはどんな風に人間の顔を認識しているのかが一目で分かる動画をアプリ開発者が公開しています。

iPhone XはTrueDepthカメラですごい数のドットを照射して認識

iPhone Xは、TrueDepthカメラで30,000以上の見えないドットを人間の顔に照射し、人間の顔を認識していますが、実際、iPhone Xはどんな風に顔を認識しているのか、ゲームアプリを開発しているしているBrad DwyerさんがTwitterで動画を公開しています。

iPhone XのTreuDepthカメラで撮影したデータを取り出した映像とのことで、ものすごい数のドットが照射されているのが分かります。

ただ、Bradさんはこれだと映像が粗いと思ったらしく、映像に処理を施してTrueDepthカメラが実際に見ている映像に近づけた動画がこちら。

粗かった映像が綺麗になり、複雑だったドットが立体化。顔の形状が一目で判別できるようになっています。

iPhoneの顔認証が写真で突破できないのは、iPhone XのTrueDepthカメラが照射したドットによって人間の顔を立体的に認識しているためで、映像で見てみると、改めてiPhone XのTrueDepthカメラがどれだけすごい処理能力を持っているのかが分かります。

顔認証も含めこの先1年でiPhone Xはさらに進化する?

iPhone XのTrueDepthカメラで撮影した顔の情報はサードパーティーアプリに公開されており、メガネやメイク用品をiPhone Xで試せるアプリなどがすでにリリースされていますが、これからTrueDepthカメラを利用した様々なアプリが登場するはず。

Appleの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏によれば、iPhone Xは今後1年で今では出来ないことが出来るようになるとのことなので、おそらく、顔認証の精度や利用の幅も増えるのかもしれません。

Source:Twitter