「iPhone Xは1年で大きく変わる」ジョナサン・アイブが語るiPhone Xの未来

iPhone/iPad

Appleの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏が、雑誌WallPaper*のインタビューでiPhone Xの未来について「1年以内でiPhone Xは大きく変わる」と予告。

Wallpaper*のインタビューでは、iPhone Xの今後の可能性Apple Parkの建築やインテリアについて語ってます。

iPhone Xは今後1年以内で大きく変わる

Appleの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏によれば、iPhone Xの未来について「今後1年で今は出来ないことが出来るようになる」とのこと。

Wallpaper*のインタビューで語ったiPhone Xの今後の可能性については以下の通り。

iPhone Xの注目すべき点は、その機能性がソフトウェアによって定義されるということです。ソフトウェアの流動的な性質ゆえに、iPhone Xはこれから変化し、進化します。iPhone Xはこの先12ヶ月の間に、現在はできないことが出来るようになります。

iPhone Xに搭載予定の新機能などについて、詳細はインタビューで語られていないですが、ジョナサン・アイブ氏によれば、常に新しい選択肢を探し続けているとのことなので、今は想像ができないような新しい機能が登場するのかもしれません。

また、ジョナサン・アイブ氏は「iPhone Xは新たな進化への始まりに過ぎない」ともコメントしています。

Apple Parkの建築やインテリアデザイン

Apple Park 社員食堂
▲Apple Park 社内食堂の椅子は日本人デザイナーの作品。

Wallpaper*のインタビューで、ジョナサン・アイブ氏はクパチーノの新本社Apple Parkの建築、インテリアデザインについても語っています。

オフィスは、個人での作業やグループワークにも対応できるようフレキシブルに変更可能な構造となっており、落ち着いた色を基調としたインテリアにも注目です。

また、床から天井までのスライドドアを備えた4階建ての社員食堂(収容人数4,000人)は、食事に夢中になり、多くの従業員に新鮮な食材を提供できるようになっているとのこと。

また使われている椅子は日本人のプロダクトデザイナー深澤直人氏がマル二木工の為にデザインしたものをさらに、特別な仕上げを施したものになっているようです。

ジョニー・アイブ氏へのインタビューを記載したWallpaper*のページでは、インタビュー内容が詳しく記載されているので、気になる方はチェックしてみてください!

Wallpaper*をチェック(英文)

Source:Wallpaper*