発売日は2021年3月26日!モンハンライズの知っておきたい新情報まとめ(2021年1月最新版)

2021/01/12モンハン

モンスターハンター ライズ

2020年9月17日に開催されたNintendo Directにて発表されたモンスターハンターシリーズの最新作「MONSTER HUNTER RISE(モンスターハンター ライズ)」。

PS4じゃなくてなぜ任天堂スイッチなんだ......って思ったハンターもいるかもなんですけど、これがまたなかなかに面白そうなハンティングアクションになっていまして。

(モンスターハンターライズは和風な世界感も良きですね。タマミツネが登場することも判明しましたし、アマツマガツチみたいな和風モンスターも復活する可能性もありあり)

2021年2月1日までの期間限定で体験版の配信も開始されたことですし、このあたりでモンハンライズの判明している情報についてささっとおさらいしておきましょう。

※Update 2021/1/8, 録画放送番組"モンスターハンター スペシャルプログラム 2021.1.7"にてMH RISEの新情報が発表されたため情報を大幅に追記しました。確かなことは...これ、絶対面白いやつ。2021年もモンハンだ!

カプコン/ハンティングアクション/モンハン/発売日:2021年3月26日/参考価格:8,789円

任天堂スイッチのモンハン新作「モンスターハンター ライズ」

そいじゃ、まずは"Nintendo Direct mini"にて発表されたモンハン新作「MONSTER HUNTER RISE(モンスターハンター ライズ)」についてさらっとおさらいしておきましょう。

任天堂スイッチ向けに発売されるモンスターハンターシリーズ最新作となる本作ですが、様々な新要素はもちろん新たなモンスターやフィールドも公開されていまして。印象はただただ"面白そう"の一言。

PS4じゃなかったのは残念という気持ちもありますが...モンスターハンター ワールド:アイスボーンとは別チームで開発されたゲームになっているようですし、なによりも任天堂スイッチで遊べるモンハン新作ってのが大きいですね。

MHWと似通ったシステムを採用しながらも、また違ったコンセプトが見え隠れする和風な世界観のモンスターハンター。それがモンスターハンターライズです。

本作はモンスターハンターワールドのようにシームレスに繋がるマップが特徴なのですが、"翔蟲(かけりむし)"という新しいギミックによりフィールドを縦横無尽に駆け抜けることができるようになったほか、翔蟲を利用した新アクション"疾駆け"や武器ごとの固有技"鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)"、体勢を即座に立て直す"翔蟲受け身"なども追加されています。

※マップの移動でロードを挟むことはないですが、クエストの開始前にロードが入ります。これはMHWと同じ。

翔蟲(かけりむし)を利用して離れた場所に飛び移ったり、

崖を駆け上がって移動したり、フィールドのあらゆる場所を移動できるようになっているというのがこれまでのモンハンにはなかったMH RISEの大きな特徴ですね。オープンワールドではないですが、フィールドの移動はロードを挟むことなくシームレスに移動できるため、オープンワールドでのフィールド体験に近いイメージでOKです。

こんな感じでマップにある崖やオブジェクトを駆け上がることができるのですが、これがまた楽しそうなのです。めっちゃ素敵。

新フィールド

モンハンライズの新情報が初披露された際に発表された新フィールド「大社跡(たいしゃあと)」のほか、先日公開されたモンスターハンタースペシャルプログラム 2021.1.7では、氷雪地帯「寒冷群島(かんれいぐんとう)」が公開されました。

大社跡

「大社跡(たいしゃあと)」は、過去に鎮護の祈りをささげる大社があった場所なのだそう。今は朽ち果て、昼夜を問わずモンスターの方向が響き渡る場所になっています。

寒冷群島

寒冷群島は、かつて巨大な龍が巣窟としていた場所で、数多くの強者たちがその龍に挑み、散っていった場所。フィールドには様々な環境生物が生息し、新モンスター"雪鬼獣 ゴシャハギ"などの氷雪地帯に適応したモンスターが生息しています。

水没林

そうそう、公式Twitterからは懐かしき"水没林"が復活することも発表されていまして。もし、BGMが変わっていなければ..胸アツま違いなし。

モンスターハンター ライズでは水中戦はなさそうな雰囲気ですが、水没林が復活するのは過去作をプレイしてきたハンターには嬉しいですね。

2匹のオトモ「オトモアイルー」と「オトモガルク」

左:ガルク、右:オトモアイルー

モンスターハンター ライズでは2匹のオトモも登場、攻撃型の「オトモガルク」、援護型の「オトモアイルー」といった感じで役割が分けられており、連れていく2匹のオトモの組み合わせはプレイヤー次第。

アイルーもガルクもいくつかのバリエーションがあるようで、攻撃と援護のガルク+アイルーの組み合わせだけでなく、攻撃に特化したガルク×2でも、援護に特化したアイルー×2でもOK。

MHWの"モンスターライド"のように、オトモガルク乗ってマップを移動することもできます。(近づいてAボタンもしくは十字キーで指示をだして搭乗することもできますよ)

マルチプレイではハンター1人に1匹のオトモ

それともうひとつ。モンハン ライズのマルチプレイ(最大4人)では1人のハンターにつき1匹のオトモが連れていけるようになりました。

これまでのモンハンシリーズでは2人以上のマルチプレイではオトモを連れていけなかったので、これはうれしい変更点。

マルチプレイでは、ハンターはオトモガルクかオトモアイルーのどちらを連れていくか選ぶことができるのですが...ガルクじゃないと搭乗して速く移動できないため、ガルクが選ばれることが多くなりそうですね。(オトモのサポートも優秀ですが)

直接的に何かが有利になるとかはないですが、オトモたちとふれあうようなシステムも用意されているそうですよ。Goodです。

拠点「カムラの里」

本作の舞台は製鉄が盛んな山紫水明の里「カムラの里」。

全体的に和風なイメージを持つ様式の家屋が建ち並び、良い感じの雰囲気がプンプンしてます。

修練所やオトモ雇用窓口、集会所が存在し、モンハンライズでは"里クエスト"と"集会所クエスト"の2つが用意されています。

里クエは過去作の村クエと同じイメージ。最大2人で挑める闘技場クエストも用意されているそうなので、過去作のモンハンシリーズと同様にやり込み要素もばっちりです。

新たな狩猟生活は、たたら製鉄が盛んな「カムラの里」を拠点に展開される。カムラの里は、50年ぶりの災禍「百竜夜行」が間近に迫り、窮地に立たされている。

主人公はハンターとしての頂点を目指しつつ、里の仲間たちと一致団結してこの災禍に打ち克たなければならない。

MONSTER HUNTER RISE

登場する新モンスターは?

ストーリーに大きく関わる「マガイマガド」

モンハン ライズには独自の生態を持つ"新モンスター"が多数登場し、いずれも和風な出で立ちになっていまして。タマミツネやアマツマガツチ的な雰囲気のあるモンスターばかり。

2021年1月現在で判明している新モンスターについてもさらっとおさらいしておきましょう。

怨虎竜 マガイマガド

お本作メインモンスターであり、ストーリーにも大きく関わる「怨虎竜(おんこりゅう) マガイマガド」は、その名のとおり執念深く獲物を追い回し、獰猛に襲い掛かる牙竜種。

獅子舞を彷彿とさせる見ようによっては可愛く見えなくもない見た目ですが、竜属性の攻撃を扱いそう。

傘鳥 アケノシルム

1本足で立つ独特の姿が傘のように見えることから別名「傘鳥(さんちょう)」と呼ばれる鳥竜種。

縄張り意識が強く、踏み入るものがあれば翼を大きく広げたり、目玉のように見える独特なとさかを展開して威嚇してくるのだそう。

鎌鼬竜 オサイズチ

鎌状に発達した尾で攻撃を仕掛けてくる、別名「鎌鼬竜(れんゆうりゅう)」と呼ばれている鳥竜。

オサイズチは、小型の「イズチ」を含めた群れを形成し、その中でも精鋭2頭を引き連れて縄張りを巡回しており、ひとたび獲物を見つければ、三位一体の巧みな連携攻撃を浴びせてくるとのこと。

体験版"モンスターハンター ライズ DEMO"でも戦うことができるのですが、なかなか厄介な動きをしてましたし......ガンナーは苦戦するタイプ。ただ、立ち位置としてはドス系モンスターと同様に感じたので、そこまで強敵というわけではありませんでした。

河童蛙 ヨツミワドウ

個人的見た目ナンバーワンなヨツミワドウは、でっぶりとした体が特徴の両生種。

食べることに貪欲で、動くものを見つけると砂利ごと平らげてしまうそうで、食事をすると腹部がふくれあがって動きが鈍くなる代わりに、攻撃に重みが増し、破壊力が上がるそう。

人魚竜 イソネミクニ

月明かりにて去られた姿が女性に見えることや、水中を優雅に、自由に泳ぐその姿から"人魚竜"と呼ばれるモンスター「イソネミクニ」。

その名前とは裏腹に凶暴な性質を持っているそうで、縄張りに踏み入る獲物には容赦なく襲い掛かるとのこと。ノドにある器官から眠り粉をふりまくことができるようなので厄介なモンスターになってそうな予感です。

雪鬼獣 ゴシャハギ

録画放送"モンスターハンター スペシャルプログラム 2021.1.7"にて公開された新モンスター「ゴシャハギ」は、獲物を求めて雪原を徘徊する牙獣種。

その体は氷雪地帯の過酷な環境に耐えられるように密度の高い毛で覆われており、呼吸で取り込んだ冷気を使ってため込んだ体液を冷やし、一気に吐き出すことで氷の刃を生成して攻撃してくるそう。興奮して全身が赤くなっている時は要注意とのこと。

お馴染みのモンスターも多数登場

上記の新モンスターのほか、リオレウスやリオレイア、ティガレックス、ベリオロスなどの過去作から登場するモンスターも多数公開されているのですが...最高なのはあの"フルフル"が再登場するということで。ついに"奇怪竜"という二つ名まで与えられました。

モンハン ライズ タマミツネ

ダブルクロスの人気モンスター"タマミツネ"の復活も嬉しいですね。(タマミツネは現在配信中の体験版で戦うことが出来るので、気になるブラザーはぜひ)

現在判明している登場モンスターのまとめは以下の通りです。

  • フルフル
  • タマミツネ(体験版で登場!)
  • ジンオウガ(公式なアナウンスは無いですが、装備が登場済み)
  • バサルモス(グラビモスも登場するかも)
  • アオアシラ(体験版で登場!)
  • ウルクスス
  • ロアルドロス
  • ティガレックス
  • リオレウス
  • リオレイア(体験版で登場!)
  • ベリオロス
  • ネルスキュラ
  • ドスランポス
  • ドスフロギィ
  • ドスバギィ
  • イビルジョー

あとは...世界観に合うナルガクルガやディノバルド、ラージャン、キリンも登場する可能性は高めですね。個人的にはそろそろ次世代グラフィックでアカムトルムやウカムルバスも...期待したいところ。

翔蟲(かけりむし)を利用した新アクション

さて、このあたりでモンスターハンターライズを象徴する新アクション「翔蟲(かけりむし)」についてもチェックしておきましょう。モンハンライズで追加された新アクションはいずれも"翔蟲"を利用したものになっており、ハンティングアクションに多様性を加えるようなものになっていまして。

これらのアクションのおかげでMH RISEのアクション性はシリーズ随一。

プレイヤーの足元に翔蟲のゲージが表示。

翔蟲を使うにはプレイヤーの下に表示されている"蟲ゲージ"が必要とのことで、このゲージの数だけ"翔蟲"を使用することができます。(フィールドで出会える翔蟲を入手することで一時的に1つ増やすことも可能です)

また、このゲージは翔蟲を利用した行動によって回復速度が変わるらしく、例えば、ジャンプに利用するだけであればすぐに回復し、翔蟲からの派生攻撃(鉄蟲糸技)ではゲージの回復が遅くなるといった具合ですね。新しく判明した新アクションについては以下の通りです。

翔蟲からの派生攻撃「鉄蟲糸技」

まずは"翔蟲"からの派生攻撃について。これは武器ごとに異なるアクションになっており、正式名称は「鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)」。太刀であれば兜割りなどに派生することもできるほか、ヘビィボウガンやライトボウガンであれば移動しつつ攻撃して距離を詰める...といった感じで。各武器ごとに2つの鉄蟲糸技が用意されています。

双剣であれば、身をひるがえしながら攻撃を行う「朧翔け」。

太刀であれば、翔蟲を前方に展開して攻撃してきたモンスターに反撃するカウンター技「水月の構え」など、武器ごとに翔蟲による新アクションが追加されています。

モンスターハンターライズで追加された新アクション「鉄蟲糸技」については以下の記事でがっつりまとめているので、気になる人はこちらもあわせてどうぞ。

モンハンライズの武器紹介まとめ!全武器のモーションと鉄蟲糸技 - geeksgeek

翔蟲受け身

それともうひとつ。ゲージを消費して即座に体勢を立て直すことができる"翔蟲受け身"も大事な新アクションですね。体験版をプレイすると分かるのですが、新アクションや翔蟲受け身により、体感できる狩りのテンポも上がってます。

シリーズお馴染み、どれだけ高いところから落下してもダメージは入りません。(ハンターの足腰の強さよ)

操竜システム

モンスターハンター スペシャルプログラム 2021.1.7で発表された衝撃の新システムといえば...? そうです。モンスターに乗り、自由に操ることができる「操竜」ですね。これがほんとに激アツ。

ジャンプ攻撃や鉄蟲糸技など、翔蟲を使用した攻撃で一定のダメージを与えたり、モンスター同士の争いや特定の環境生物を利用することでモンスターは"操竜待機状態"になるのですが、この状態でAボタンを押すか攻撃を加えると、なんと、モンスターに乗って操ることができるのです。

攻撃や回避はもちろん、緊急回避までできちゃう充実っぷり。操竜ゲージを最大まで貯めることで強力な攻撃ができる「操竜大技」を使用することができます。

操竜システムについても体験版でがっつり遊ぶことができるため、モンハン ライズ 体験版の詳細が気になる人は以下の記事もどうぞ。

モンハンライズの体験版が1月8日配信開始!タマミツネや新モンスター、操竜システムの情報も - geeksgeek

登場するキャラクター

公式Twitterでは、モンスターハンター ライズに登場するキャラクターについても紹介されているので、こちらもささっとチェックしておきましょう。

里の受付嬢 ヒノエ(声:佐藤利奈)

カムラの里において、クエストカウンターで受付嬢をする竜人族の女性で、ミノトの姉。朗らかでみんなに優しく、いつも里を明るく照らしてくれる太陽のような存在だそう。

里の名物「うさ団子」が大好物で、毎日欠かさずにまとめ買いしているとのこと。MHWの受付嬢もよかったけど...この凛とした感じも素敵。

集会所の受付嬢ミノト(声:佐藤静)

里の受付嬢を務める"ヒノエ"の双子の妹。クールであまり表情を変えることがなく、淡々と仕事をこなす様子から冷淡に思われがちですが、本当は心優しく意外に不器用な一面があるようですよ。

尊敬する姉のようになりたいと色々と隠れて努力をしているそう。集会所のクエスト窓口はミノトが切り盛りしています。(ヒノエとの違いは衣装と髪飾りくらいで全然見分けがつかないですね)

ギルドマネージャー・ゴコク(声:緒方賢一)

里長の"フゲン"も「ゴコク殿」と経緯を払うカムラの里の長老。集会所ではギルドマネージャーとしてクエストを周回してくれます。

いつも笑顔の心優しい竜人族のおじいちゃんで語尾に「ゲコ」を付けるのが特徴とのこと。主人公を孫のようにかわいがっているらしく、七福神の布袋様っぽい雰囲気も個性爆発です。

ウツシ教官(声:谷山紀章)

里の集会所にて、教官としてハンターの育成に取り組みつつ、闘技大会窓口も担うウツシ教官。クールな見た目からは想像がつかないですがハツラツとしてさわやか。

純粋過ぎてどこか抜けている一面もあるようです。モンスターハンターライズの体験版ではお世話になった人もおおいかもですね。

交易窓口のロンディーネ(声:小倉唯)

ローンディーネは、海を渡ってやってきた異国の商人。雰囲気的にもモンスターハンターライズの世界観とはかけ離れているのですが、颯爽としてかつ堂々とした言動は交易商人と呼ぶには少し違和感があるらしい...?

オトモ雇用窓口のイオリ(声:花江夏樹)

スペシャルプログラムでナレーションを務めていた花江夏樹さんもモンスターハンターライズでイオリ役として登場。

(花江さんは鬼滅の刃の炭治郎でおなじみですね。ずっと遊び続けていたモンハンからお話を頂いて、こんなに嬉しいことはありませんとコメントしています)

里のオトモ広場にて、オトモ雇用窓口を開いている少年イオリはアイルーやガルクが大好きで、いつも一緒に生活しているそう。オトモの育成にも熱心でそれぞれの長所を生かし、ほめて伸ばす訓練で優秀なオトモたちが次々と登場しているようです。

加工屋のハモンは彼の祖父。

アイルー頭領コガラシ

里のオトモ広場において、オトモ隠密対を率いるアイルーたちの頭領。現役ハンターだった里長フゲンのオトモをしていた警官があり、いまだその腕前は健在だそう。

ちなみに、"オトモ隠密隊"はオトモによるモンスター調査隊で。指定された調査先へと降り立ってモンスター素材や採集アイテムを入手してきてくれます。

茶屋の看板娘ヨモギ(声:阿澄佳奈)

いつも明るく元気いっぱいに茶屋を切り盛りしているヨモギ。狩猟に出向く前は茶屋に立ち寄り、里の名物「うさ団子」でお腹を満たしておきましょう。

雑貨屋のカゲロウ(声:梅原裕一郎)

顔をおふだで隠した謎多き行商人。穏やかな性格と丁寧な接客で、里の皆から厚く信頼されているそう。災禍に見舞われた里を守るため、カゲロウも力を貸してくれます。

シリーズ恒例ですが、カゲロウの雑貨屋でも定期的にセールが行われているため、アイテムや弾をまとめ買いするならセール時にどうぞ。モンハンライズの雑貨屋では"福引き"を引くこともできるようです。

加工屋のハモン(声:麦人)

かつては腕利きのハンターで、里長フゲンとともに狩場をかけていた加工屋のハモン。無口で頑固ですが災禍から里を守りたいという気持ちはアツく、その卓越した鍛冶の腕前を惜しみなく振るってくれます。

ちなみに、オトモ雇用窓口のイオリは彼の孫。

里長フゲン(声:土師孝也)

熱血、豪快にして、大きな度量を持ち、百竜夜行の災禍に見舞われているカムラの里を一丸にまとめる里長フゲン。

かつてはハンターとしてその名を轟かせたツワモノで、太刀筋はいまだ健在。「気焔万丈(きえんばんじょう)」が口癖とのこと。

ゲームの特典

モンスターハンターライズには、通常版のほか、デラックスエディションや狩り友ダブルパックなど、いくつかのバージョンが発売されるのですが、これらに付属するゲーム特典についてもおさらいしておきましょう。

  • モンスターハンター ライズ 通常版
    • パッケージ版/DL版
  • モンスターハンター ライズ デラックスエディション
    • パッケージ版/DL版
    • ハンター重ね着装備 防具「カムライ」シリーズ
    • オトモガルク 重ね着パーツ「手裏剣ガルカラー」
    • オトモアイルー重ね着パーツ「フィッシュネコカラー」
    • ジェスチャー(ジャンプ4種)
    • ポーズセット(サムライポーズ)
    • 顔のペイント(カブキペイント)
    • 髪型(イズチテール)
  • 狩り友ダブルパック
    • 限定特典×2
    • 回復薬グレードや鬼人の粉塵がセットになった"狩友ダブルパック特典"×2

モンスターハンターライズの特典についてはこんな感じ。

予約特典として「なりきりレトリバー(オトモガルク)」「なりきりフォレストA(オトモアイル―)」「初心の護石」がもらえるほか、イーカプコン限定で様々なグッズも用意されているので、こちらもあわせてどうぞ。

特典を見る - モンスターハンターライズ公式HP

発売日は2021年3月26日、価格は7,264円から

さてさて、任天堂スイッチのモンハン新作「MONSTER HUNTER RISE(モンスターハンターライズ)」ですが、発売日は2020年3月26日。

嬉しいことにすでにモンスターハンター ライズの体験版は配信中です。

価格はDL版が7,264円(税別)、パッケージ版が7,990円(税別)となっており、DL版もパッケージ版も絶好調予約受付中。

モンスターハンター ライズのコンセプトは「いつでも、どこでも、誰とでも、気軽に楽しめるモンスターハンター」なんですけど、これは絶対"買い"じゃないですか? 任天堂スイッチの新作モンハンの続報に期待です。

あ、モンスターハンター ライズはAmazonや楽天での予約受付も開始されているため、まだ予約してねぇ! ってハンターはこちらのチェックもお忘れなく。

Amazonの予約限定特典は"オリジナルイラストのタンブラー"だそうですよ。(通常版キャンセルして思わず限定版予約しちゃったよ)

カプコン/ハンティングアクション/モンハン/発売日:2021年3月26日/参考価格:8,789円

Source:モンスターハンター ライズ公式HP

モンハン

Posted by gg