【今日のゲーム#33】PS Storeで無料配信中の「Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)」が猛烈に面白い

PlayStation,今日のゲーム

ホライゾンゼロドーン

テックブログ"iyusuke.net“を運営する僕が最近遊んで面白かったゲームや気になってるゲーム、ゲーム業界の最新情報を週末にささっと紹介していく連載「週末ゲーミング」。

#33から連載の名前を「今日のゲーム」に変更しました。理由は...不定期更新に変えたのに"週末"に縛られたくないから。過去の連載も"今日のゲーム"カテゴリに移動済みですが、内容に変更はないので以後よろしくです。

ってなわけで。今回はPlayStationの取り組み「Play At Home」で無料配信されているオープンワールドアクションゲーム「Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ ドーン)」についてなのですが、これがまたなかなかに面白くて。

(このボリュームと面白さ、そしてDLCがセットで無料はやばい)

Horizon Zero DawnがPS Storeで無料ダウンロードできるのは2021年5月15日午後12時まで。僕は初めてHorizon Zero Dawnを遊んだのですが、グラフィックも綺麗ですし、そしてなによりも面白い。

無料でライブラリに追加できるのはあと4日。期間中にダウンロードしておかなきゃですよ、ブラザー。おうち時間はHorizon Zero Dawnで決まりだ。

※無料配信期間中であれば"PS Plus"に加入する必要はありません。ライブラリに追加しておけば無料期間が終了してもいつまでも遊ぶことができます。

Horizon Zero Dawn Complete Editionを見る - PS Store

無料で完全版ホライゾンゼロドーンがもらえるなんて...神ですか?

それじゃ、まずは「Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation®Hits」がどんなゲームなのか? について触れておきましょう。Horizon Zero Dawn Complete Editionは、2017年3月2日に発売された"Horizon Zero Dawn(ホライゾンゼロドーン)"の完全版。

有料の拡張コンテンツ「凍てついた大地」がセットになったパッケージなのですが、PlayStationの取り組み"Play At Home"イニシアチブでまさかの無料配信中。配信期間は2021年5月15日までとなっており、無料期間内にライブラリに追加しておけば、期間終了後も無料で遊び続けることができるのです。

そんなホライゾンゼロドーンですが、どんなゲームなのかというと...基本はオープンワールドアクションゲーム。大厄災から1,000年後となる世界が舞台となり、動物の姿を模した機械たちが支配した大自然の世界を自由に移動して、気の赴くままにクエストを受けて、自分の好きなような進めることができます。

(メインクエストは大筋が決まっていますが、サイドクエストは受けても、受けなくても構いません)

ストーリーは熟練の狩人"アーロイ"の幼少期として始まり、異端児として蔑まれた生い立ちが描かれるのですが、恩人"ロスト"に修行をつけてもらって、自分の出生の秘密を知るため試練に挑んで、謎の敵が現れて...といった感じで。

アーロイの父親代わりの恩人ロスト

まさにアーロイになりきってプレイできるんですよね。どちらかというと、ウィッチャー3なんかがゲーム的には近いかもしれません。(内容やシステム、世界観は全く異なりますが)

素材を集めてアイテムをクラフトしたり、レベルを上げてスキルを獲得したり、ひたすら広大な世界を旅するのもあり。僕はまだ中盤程度ですがストーリーも作りこまれているので、じっくり遊ぶことができます。

こんなに面白いホライゾンゼロドーンが2021年5月15日まで無料ともなれば...もう遊ぶっきゃないですよ、ブラザー。DLC"凍てついた大地"までついてくるので、最後までホライゾンゼロドーンの世界を楽しめるはずです。

ゲームタイトルHorizon Zero Dawn Complete Edition
プラットフォームPS4/PC(Steam)
発売日2017/12/7 ※本編は2017/3/2
発売元ソニーインタラクティブエンタテインメント

思わず息を呑むほどに美しい広大なオープンワールド

それじゃ、ここからはもう少しホライゾンゼロドーンの世界についてご紹介です。まずは美しく広大なオープンワールドの世界から。

ホライゾンゼロドーンは2017年3月2日に発売されたゲームなので、ざっくり4年前のゲームになるのですが...グラフィックはものすごく綺麗で、繊細で。

光源や草や岩といったオブジェクトの陰影から水の流れ、機械たちの生態にいたるまでものすごーく細かく作られているんですよね。

セーブポイントは各地にあるたき火。

僕はPS5x4kモニターでプレイしているのですが、グラフィックはPS4世代のゲームでもトップクラスの美しさ。

ホライゾンゼロドーンの世界は木々や草、機械獣も生き生きしていますし、探索するだけでも楽しめると思うので、まだ遊んだことがないよってブラザーはこの機会にホライゾンゼロドーンの世界に触れてみるといいかもしれません。

ホライゾンゼロドーン オーバーライド

ストーリーを進めていくと、機械獣に乗れるようになる"オーバーライド"が解放されるのですが、オーバーライドを覚えてからは移動がものすっごく楽しくなるので、じっくり探索してみるのがおすすめです。

自由度の高い戦闘

次に戦闘システムについて。ホライゾンゼロドーンの戦闘システムは非常に自由度が高くなっていまして。ステルスでやり過ごしてもいいし、そーっと近づいて近接で叩くもよし。遠距離からステルスアタックを決めるもよし。

フォーカスを使えば敵の移動ルートも見えちゃう。

ステルスやトラップ、フォーカス(過去の文明の遺物)による追跡で自分の有利なシチュエーションを作り出し、自分の思い描いた通りの戦闘が楽しめます。

ホライゾンゼロドーン 戦闘

基本は弓での遠距離攻撃で立ち回ることになるかと思うのですが、これも近接が好きなら近接に特化したスキルを取得していくことで脳筋プレイも可能。ステルスに特化したスキルを取得していけば、機械中を気づかれずに屠るプレイも可能です。

(ホライゾンゼロドーンの難易度は自由に調整できるので、僕は難易度低めでストーリーを楽しみつつさくさくプレイ中。ただ、これだとどうしてもゴリ押ししがちっていう)

機械獣には小型から中型、大型といった感じで様々な種類が登場するのですが、動きのパターンは全く違うので、フォーカスで弱手属性や弱点部位を把握したり、移動ルートを把握してトラップを仕掛けたり、正面突破だけじゃないというのもこのゲームの面白いところ。

武器や防具は"改造アイテム"を装着することで強化できるので、レベルアップしてスキルを取得しつつ、機械獣から素材を集め、シャードを稼いで、アーロイを強化する...といった流れがホライゾンゼロドーンの基本。

どのスキルを取るかも結構悩む。

攻略情報はググれば大量に出てくるのですが、せっかくですしノー攻略情報で進めるのもGood。2017年のゲームですがほんと面白い、ホライゾンゼロドーン。

フォトモードが楽しくて夢中になる

最後に、ホライゾンゼロドーンの「フォトモード」について。

というのも、このゲームフォトモードの自由度もかなり高くて。めっちゃ細かく調整できるんですよね。(このあたりはサイバーパンク2077やスパイダーマン マイルズモラレスに近しいものがあるかも)

ホライゾンゼロドーン フォトモード
フォトモードで撮影したスクショ。

構図や画角、明るさ、露光、画面効果まで自由に調整できるので、いい感じのロケーションがあるとついついフォトモードを起動しちゃうっていう。ホライゾンゼロドーンはフォトモードだけでもかなーり楽しめます。

Horizon Zero Dawnは5月15日まで無料配信中。最新作「Horizon Forbidden West」に備えよう

とまぁこんな感じで。今日のゲームはホライゾンゼロドーンが面白すぎるぞってお話でした。僕は初めてホライゾンゼロドーンを遊んだのですが...まぁ面白いこと。

まだ中盤ですが、ストーリーも引き込まれますし、広大な自然と機械獣という一見ミスマッチなものが絶妙にマッチした世界観も素敵です。間違いなくPS4の名作。

Play At Homeイニシアチブで「Horizon Zero Dawn Complete Edition」が無料でダウンロードできるのは2021年5月15日午後12時までとなっているので、少しでも気になるブラザーはダウンロードをお忘れなく。

ウィッチャー3やサイバーパンク2077、TESⅤ Skyrimといったオープンワールドゲームにはまったことがあるなら...ホライゾンゼロドーンの世界にもすぐに馴染めるはずです。

ほんと面白かったので、PS5で発売予定の続編"Horizon Forbidden West(仮称)"も遊ばなければ! 連載「今日のゲーム」は不定期更新。また次回お会いしましょう。

Horizon Zero Dawn Complete Editionを見る - PS Store